家事が株で大損をこいた

あたしには先祖がいますが、先祖は去年から株を通じていました。株の側に気付いたのは、先祖の部屋を掃除しているときに証券口座のリードが見つかったからです。あたしはてっきり1年代上記株に投資しているのだから、それなりの結果も出ているだろうと思いました。但し、それは甘い本心でした。じつは400万円の損失を出していることが郵便されてきた証券口座の明細書でわかりました。それを見たらあまりにも驚きすぎて感想も出ませんでした。先祖は今まで赤字があったことを黙っていたようです。投資していたへそくりは先祖の年金と貯え、そしてなんとサラ金から借りたへそくりでした。確かに、先祖はへそくりのやり方が荒い部分もありましたが、敢然と消費していました。が、但し此度ばかりは株で赤字を醸し出し、サラ金に返せなくなりました。その単価200万円ほどです。勤め人であれば、なんとか働きながら戻せるかもしれませんが、お婆さんの先祖にとって200万円の赤字は痛すぎます。通常、引き取り手のアシストもあり倒産は免れましたが、私の引き取り手は先祖は縁を切りたいぐらいだと言っていました。これまで引き取り手は先祖は脈絡が良かったですが、今では第三者準備です。
よく「賃金の切れ目が間柄の切れ目」は言いますが、全くその通りですなと思ってしまいました。http://datsumou-concierge.com/%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA/%E6%8A%91%E6%AF%9B%E7%9F%B3%E9%B9%B8/kout%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F.html

家事が株で大損をこいた