今季から給料の文化の教育始めました

邦人はまだまだ稽古不良と言われている費用のカルチャーですが、かく言う私もその独力。費用ってただ仕事して、稼いで、ちょっと預貯金に残して、使ってという雰囲気しかなかったのですが、これからの世の中は自分で増やしていかなくてはいけない「財テクの世の中」になって来ているみたいですね。
外国では昔から財テクの手を学ばせるようですが、そう考えると国中ってほとんどそういった学びの地点ってないですよね。我々が小・インナー・本数の生徒の時なんて、そういった稽古全く受けてないですもん!そう考えると、費用に関して全く無知の通り全て大人になるから、社会人になってから費用の異変が多発するのもだめないですよね。
私も30年代手前のカテゴリーになった現時点、もっと費用の事を知らなければいけないんじゃないかと危機感を感じております。景気とか、財テクとかよくわからないけど何かあったら国家が守ってもらえるだろ~という甘い発想では以前痛い目にあいそうですからね。
につき、今季に入ってからはビジネス書や財テクに関する雑誌を読み取り掛かり、株式財テク等にもチャレンジし始めました。応援したいと思える地点に財テクしたいので、各社の報道を四季報等で年中チェックしている。まだまだ覚え始めたばかりでわからない事がたくさんありますが、費用を自分の結果だけではなく世間のために使って、なおかつ地点が更に成長してくれたらこれ程嬉しいことはないですね!http://beautifulstory.sakura.ne.jp/%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%A6%E3%82%B9/%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%A6%E3%82%B9%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%81%AA%E3%81%97.html

今季から給料の文化の教育始めました