いい時して無職の貧乏人

勤めをやめて、フリーターライフスタイル。気がつけば無職ライフスタイルが長引いてきた。これまでの勤めでは根こそぎ不快な眼にあってきたので、真っ直ぐ絡みたくない。けどライフスタイルのために稼いでいかなければならないのは承知の上だが、正真正銘、父兄のすねをかじって生きている。
現在は、アフィリエイトブログで生活を立てようとしているのだが、定年退職した父兄のすねかじりをしてるなんて、もちろん、ウェブログ上ではそんなこと恥ずかしくて書けやしない。
アフィリエイトプログラムも、いつかはそれなりの利潤にはなるかもしれないが、最初のうちは身にならないのが世の常で、積み重ねも少しずつ減っている。
なのでクラウドソーシングをしているのだが、よほど特殊な腕前がない以上、割合合わない。気軽な目的をかき集めてもいくらにもならない。そう、砂金を固めるような模様だろうか。
家におけるのはある意味特別。ただし同時に肩身がとても狭いのも実質です。そういう禁物ライフだけど、どうせヒューマンはいつかは死ぬのだし、やりたいことやって死んだほうが悔いが残らない。
なぜなら、いかなるヒューマンも、失業だろうが王侯貴族だろうが、死んでしまったら灰になるのだ。死んでしまったら究極の平等に生まれ変われるのだから、ああだこうだと悩まないほうが、むしろ健康にいいのだという。キャッシングの審査が甘いところはどこ?

いい時して無職の貧乏人